社会福祉法人彦成福祉会

施設紹介

百年健康くらぶ彦成苑

自分の住まいと思えるような環境と、
今までの暮らしを続けてもらえるように。

彦成苑の建物外観
玄関・受付
  • 正面入り口玄関です。
  • 受付です、お越しの際はこちらへお寄り下さい。
厨房
  • 専属のスタッフが調理をします。
  • 栄養バランスの取れた料理をご準備。
特別養護老人ホームの室内
居間
  • 広さは20畳程、みなさま思い思いの場所で過ごされています。
  • お食事・イベント・レクリエーション等はここに集まります。
間取図

【暮らす】特別養護老人ホーム 木のぬくもりを感じながら、
一人ひとりの生活を大切に、
心豊かな暮らしを。

彦成苑での暮らしを自宅での生活の延長ととらえ、
家庭的な雰囲気の中で専門性の高いケアを提供いたします。

ユニット型特別養護老人ホームとは

「ユニットケア」とは、自宅に近い地域の介護施設において、共同生活をしながら、入居者様一人ひとりの個性や生活リズムに応じてくらしていけるようにサポートする介護のことを言います。

「ユニット型ケア」の最大の特徴

入居者様のプライバシーが守られる「個室」と、入居者様や介護スタッフと交流するための「リビングルーム」(共同生活室)があることです。
顔なじみの介護スタッフが、入居者様の個性や生活リズムを尊重しながら暮らしをサポートします。

彦成苑での暮らし
01. 暮らしのポイント 自分らしい暮らしを継続する
生活スタイルは人それぞれです。
早起きの方もいれば、ゆっくり起床したい方もいます。愛用の品物(食器・家具等)を持ち込んで頂くなど、各個人の生活ペースや嗜好に合わせた環境作りをします。
家庭環境の再現なので職員も制服ではなくて自宅にいる時の服装です。
02. 暮らしのポイント 楽しいイベントやクラブ活動
日々心身共に健康的な生活が送れるよう利用者同士の円滑なコミュニケーションがとりやすい日常生活を過ごしています。
また楽しいイベントやクラブ活動など、ボランティアさんのご協力もいただきながら定期的に開催しております。
手芸クラブ、音楽クラブ、おやつクラブ等があります。
03. 暮らしのポイント 地域の皆様の憩いの場
三郷団地から車で5分、送迎やご家族様の訪問も便利です。
とても静かな環境ですので落ち着いた生活が送れます。バリアフリー構造の建屋で安全な施設となっております。
ご高齢者だけでなく、地域の皆様の憩いの場としてもご利用頂けます。
安心安全な介護・看護体制

ご入居者が万が一の体調の急変にも看護師が常勤しておりますのでご安心ください。
毎日健康チェックをして皆さんの健康管理をしています。また提携病院や緊急時の受入体制も万全です。

01. 介護のポイント スタッフ体制
29名の利用者に対して、安心の看護師2名、ケアマネージャー2名をはじめ総勢スタッフ30名在籍。
10人を1つのグループと考え、担当職員がお世話するユニットケアを行います。
ユニットケアでは一人一人の個性を大切にし、その方に応じたケアを行います。
02. 介護のポイント 日常生活機能の維持
食事の準備や掃除、洗濯などをスタッフが利用者とともに共同で行い、一日中家庭的で落ち着いた雰囲気のなかで生活を行うことになります。
また何らかの役割を持っていただくことで、日常生活機能の維持・向上を促したり落ち着いた生活を送っていただけるよう努めます。
詳しくはこちら

ゆめこうぼう

住み慣れた地元でいつまでも、
安心して暮らし続けていけるように。

介護が必要になっても、自宅での生活を送り続けたいと願う高齢者とご家族をサポートいたします。
ゆめこうぼうにして良かったそんな安心をお届けしたい。
私たちは、目配り、気配り、思いやりを大切に心を込めた支援をいたします。

小規模多機能ホームとは?
例えるなら歌って踊って遊べる「特養」のようなものです。

「小規模多機能ホーム」とは、介護保険サービスの「小規模多機能型居宅介護」と 「住宅型有料老人ホーム」を合わせた総称です。
2つのサービスを合わせて利用することで、老人ホームに住んでいながら切れ目のない介護サービスを適宜受けることができます。

特別養護老人ホームは、要介護3以上でないとご利用できませんが、「小規模多機能ホーム」でしたら要支援1・2、要介護1・2でもご利用になれます。

ゆめこうぼうの大きな特徴は、自由な暮らしを実現しやすいというところです。小規模多機能型居宅介護には、ケアマネージャー(介護支援専門員)がいますので、外部のケアマネージャーと違ってすぐに直接相談できるという利点があります。また、看護師もいますので安心です。

自分に本当に合ったケアプランで、思い思いの充実した暮らしを送ることができます。

【住む】住宅型有料老人ホーム 「心の安らぎ」と
「ほのぼのとした温もり」に
満ちた我が家へようこそ

ゆめこうぼうの建物の特徴はなんと言っても「木造平屋」という点です。閑静な住宅街の中にあり、さんさんと降り注ぐ太陽の光と木の温もりで心が満たされる最高の環境となっております。また、働く職員は毎日顔馴染みなので「家族」と居るような安らぎを感じることができます。
たとえば、エレベーター数の少ない5階建ての老人ホームでは災害が起きた場合、避難するのに時間がかかります。しかし、ゆめこうぼうは平屋なので地震や災害の時でも、すぐに安全な場所へ避難できます。木造平屋建ては安心です。

住宅型有料老人ホームとは

「住宅型有料老人ホーム」は、食事の提供や掃除・洗濯サービス、買い物の代行などといった充実した生活援助サービスを受けられる高齢者向けの住まいです。

ゆめこうぼうでは、利用料7.3万円より要支援1からご入居できます。

特別養護老人ホームとの違い

特別養護老人ホームは介護度が3以上の方でないとご入居できません。しかし、住宅型有料老人ホームは要支援1・2、要介護1・2の方でもご入居できます。ご入居様だけでなく、ご家族様にとっても便利な施設です。

ゆめこうぼう1番のポイント
ゆめこうぼうの住宅型有料老人ホームでは、併設している小規模多機能型居宅介護と一緒にご利用することで、必要な時にいつでも介護を受けられる体制となっています。
ゆめこうぼうに住むメリット

ゆめこうぼうの住宅型有料老人ホームは、自由な暮らしを実現しやすいというところです。
小規模多機能型居宅介護には、ケアマネージャー(介護支援専門員)がいますので、外部のケアマネージャーと違ってすぐに相談できるという利点があります。自分に本当に合ったケアプランで最高の暮らしを実現してください。

新たな「我が家」としてご利用ください

私たちは、ご入居者様の人生で最も有意義な時間を「最高の笑顔」で満ち溢れたものにします。想像して見て下さい。閑静な住宅街に流れる爽やかな風と小鳥のさえずり、馴染みの職員との「家族」のような会話。バランスの取れた美味しい食事。疲れたときは温泉でリラックス。理想郷がここにあります。
もちろん看護師がいますので健康管理や相談もできるので安心です。
新たな我が家へようこそ!

スタッフ体制

正看護師3名、ケアマネージャー2名、介護福祉士5名をはじめ総勢スタッフ30名でご利用者さまの暮らしをサポートいたします。

ご利用者様の暮らしの様子
  • 広い廊下の壁には、入居者様の作品が飾ってあります。
  • 一人一人の個室になっております。ご自宅で使い慣れた家具を持ち込み利用できます。
  • 天井高6メートルの広い空間でのびのびと生活ができるリビングルーム。
間取図
ご利用料金について
3つのプランをご用意しました。
敷金 250,000円
Aプラン
住宅費 50,000円
管理費 43,340円
共益費 10,000円
Bプラン
住宅費 38,000円
管理費 43,340円
共益費 10,000円
Cプラン
住宅費 20,000円
管理費 43,340円
共益費 10,000円
ご利用の流れ
詳しくはこちら

グループホームトラスト和

準備中